島尻沖縄担当相に文科省傘下法人から補助金受けた専門学校が寄付 理事長は夫の昇氏

政治資金規正法と公職選挙法違反で刑事告発された島尻安伊子沖縄担当大臣(参議院のHPより)
政治資金規正法と公職選挙法違反で刑事告発された島尻安伊子沖縄担当大臣(参議院のHPより)
沖縄担当大臣などを務める自民党の島尻安伊子議員が、文科省傘下法人から補助金を受けた専門学校から300万円の寄付金を受けていたことがアイ・アジアの調べでわかった。この学校は島尻大臣の親族が経営しており、政治資金に詳しい専門家は、「実態として補助金が政治資金の原資になっている」と指摘。島尻大臣の側はアイ・アジアの取材に対して、「回答できない」と話している。(アイ・アジア/鈴木祐太)

島尻大臣に献金をしていたのは、浦添市にある専門学校運営会社「JSLインターナショナル」。2013年12月に300万円を島尻大臣が支部長を務める自民党沖縄県参議院選挙区第2支部に寄付していた。この学校は島尻大臣の夫が理事長を務め、留学生支援として文部科学省傘下の独立行政法人である「日本学生支援機構」から毎年、補助金を受けている。

政治資金規正法では、政治団体が国や自治体から補助金を受けている団体から寄付を受けることを禁止しているが、独立行政法人から補助金を受けている団体からの寄付は禁止してはいない。一方、後者の場合も補助金が事実上政治資金に投入されている点では前者と実質的には変わらないため、この寄付を問題視する指摘も出ている。

市民団体「政治資金オンブズマン」の共同代表で神戸学院大学の上脇博之教授は、「これを許容していては、親族が学校経営をしている議員は、補助金を受ける度に寄付を得られることになり、不当な特権になってしまう。学生のために補助金を受けた学校は法律が禁止していなくても寄付すべきではない。寄付ができるような学校はその分の補助金を受ける必要はないはずだ。これでは、"政治献金しているから補助金も得られ続けているのではないか"と国民に疑いをもたれてしまいかねない」と問題点を指摘している。

島尻大臣をめぐっては、貸付金として政治資金収支報告書に記載されていた1050万円が途中から記載されなくなっていて、虚偽の記載が行われていた疑いがあるとして市民団体から刑事告発されている。(参照)

アイ・アジアは、島尻議員の事務所にこの問題について質問状を送付したが、指定した日までに回答がなかった。そのため、回答の催促の電話をしたところ、「質問状が多数来ているため、一つ一つ回答できない」という返事があった。
『NPO法人 アイ・アジア』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~

島尻沖縄担当大臣を刑事告発 政治資金規正法と公選法違反で 1050万円の借入金「消える」 カレンダー配布も実態と矛盾  

「安保法制」賛成議員の落選運動支援 憲法学者も弁護士と共闘宣言

安保関連法賛成議員の「カネ」を徹底調査 弁護士が組織立ち上げへ

橋下政治資金の不可解(1) 8割強がパーティー券あっせん

橋下市長の特別秘書、選挙の度に五回休職でも総額2087万円の報酬 後援会長の息子を「情実採用」の疑惑

野々村元県議の疑惑、何が問題? 上脇神戸学院大教授に聞く

「政治とカネ」関連記事一覧

「ジャーナリズム」関連記事一覧

iAsia顧問 政治資金オンブズマン共同代表・阪口徳雄弁護士インタビュー

関連記事
iAsia顧問 政治資金オンブズマン共同代表・阪口徳雄弁護士インタビュー

おすすめ記事
橋下政治資金の不可解(1) 8割強がパーティー券あっせん
「みんなの党」の渡辺前代表を刑事告発 憲法学者ら16人が



記事一覧へ

アイ・アジアは
皆さまからの支援で支えられている
調査報道NPOです。
トップページへ!

クレジットカードから寄付ができるようになりました!

ご支援を宜しくお願いします。

かざして募金
 ■ソフトバンクスマホの方:寄付手続きへ

政治とカネ
ジャーナリズム
中国
原発
政治とカネ



最新記事

舛添東京都知事(ツイッターより) 東京都の舛添要一知事が家族旅行の費用を政治資金で支払っていたなどと指摘されている問題で、政治資金規正法違反などの疑いで刑事告発された。(アイ・アジア編集部) 告発した…
「不当な判決」と訴える牧子さんの両親。左は父の浩美さん、右は母の和子さん。5月16日大阪市内で撮影鈴木祐太(アイ・アジア)2012年夏に大阪市で行われた人気音楽グループ「エグザイル」などが出演するコン…
舛添要一東京都知事(ツイッターより) 「不当な判決」と訴える牧子さんの両親。左は父の浩美さん、右は母の和子さん。5月16日大阪市内で撮影鈴木祐太(アイ・アジア) 政治資金の私的な流用が疑われている東京…

iAsia